2011年3月11日、東日本大震災により私たちが暮らす岩手県釜石市、唐丹(とうに)町も大きな被害を受けました。それでも、水産加工で培ってきた技術をこの地域に伝えたい、仕事を最後までやり遂げたいという多くの方々の想いを受けて、唐丹町に水産加工会社を立ち上げようと決意しました。

 ゼロからの船出でしたが、多くの方々とのご縁、ご支援によって、2012年3月にはわずか1ヶ月で釜石市との企業立地協定締結が叶い、続く2012年7月には加工工場の稼働をスタートさせることができました。釜石産の魚介類に付加価値をつけて、おいしい地魚を全国にお届けしていきたいと思っています。そのために、「鮮度保持」の技術開発にも取り組んでいます。

 地域を元気にするため、水産加工メーカーを目指してこれからもチャレンジしていきます。

会社名

 

 

本社/事業所

 

設立年月日

 

代表者

 

資本金

 

従業員数

 

主な事業内容

 

 

企業の特色

釜石ヒカリフーズ株式会社

Kamaishi Hikari Foods Co,Ltd.

 

岩手県釜石市唐丹町字小白浜568番地

 

2011年8月30日

 

代表取締役 佐藤 正一

 

15,000,000円

 

23名(社員・準社員)

 

岩手県釜石産いか、さんま、鮭、水たこ等を

主原料とした生食向けなどの商品の加工・販売

 

①唐丹町で唯一の新規設立企業(東日本大震災後)

②岩手県内初の新規水産加工企業(東日本大震災後)

③釜石内二例目の立地協定締結企業

釜石ヒカリフーズ株式会社

代表取締役          

 私たちと一緒に働いて頂けるスタッフの方を募集しております!

 フレックスタイム制により仕事と家庭の両立を支援しております。また、作業場では有線放送でスタッフの好みのBGMを流し、普段から整理整頓を心がけたり、スタッフの社会保険等への加入も徹底したりするなど、楽しく・きれいで・安全な職場づくりを目指しております。

 どうぞお気軽にお問合せください。

対岸より当社のある小白浜を望む

© 2015 釜石ヒカリフーズ株式会社

  • Wix Facebook page